はせがわカイロプラクティックセンター

施術メニューMenu

施術メニューのご案内

頭痛の原因

こんな症状にお悩みの方に

  • 目の奥が痛い
  • 慢性的に頭が痛い
  • 頭の中心部が痛い感じ
  • 医療機関で緊張性頭痛、頚性頭痛と診断された

頭痛の原因

頭痛とは、頭部・頸部にある筋肉や骨(関節)、血管、脳膜などの組織が、何らかの原因によって刺激を受けて痛みを発している状態です。ですので、一口に頭痛と言っても痛みを出している組織や原因、メカニズムは様々で、いろんな種類があります。
頭痛には大きく分けて次のような種類があります。
・風邪や二日酔いなどのような時に起こる、一時的な頭痛
・「片頭痛」、「緊張型頭痛」、「頸椎原性頭痛」、「群発性頭痛」などの慢性頭痛
・くも膜下出血、脳出血、脳腫瘍など、脳の病気に伴う頭痛

頭痛全体の約8割を占めているのは、慢性頭痛です。これらの頭痛には血管の収縮・拡張、筋肉の緊張や弱化、関節のズレのような要素が特に大きく関わっています。
仕事や勉強での疲れ、精神的なストレス、飲食物や嗜好品など、日常的な刺激によって引き起こされます。

頭痛の根本改善へ

慢性頭痛を改善するのにカイロプラクティック治療は大変効果的です。
ズレや筋肉に対して治療を行なうのはもちろん、姿勢や生活習慣に関するアドバイスを行うことで頭痛が起こりにくい身体づくりのお手伝いをしていきます。
また、頭痛の中には脳や全身の病気が原因で起きているものもあります。そのような病気の疑いがある場合、カイロプラクティック治療の適応外となってしまうのですが、問診や検査によって鑑別を行い、他の医療機関への受診を促すこともできます。
問診・検査を重視し、本当の原因をつきとめる事で頭痛を根本から改善へと導きます。

首・肩が痛い原因

こんな症状にお悩みの方に

  • 肩が張りとても不愉快である
  • 肩が硬く凝ったままでひどい時は吐き気を催す
  • 肩の緊張、凝りがぬけない
  • 首が回しにくく、ゴリゴリ音がする

首肩が痛い原因

首・肩の凝りと痛みは、現代社会で腰痛と同じくらい多く見られる症状といっても過言ではないと思われます。
原因は様々なことが考えられますが、多くは首や肩周りの筋肉の緊張することが原因です。 特にパソコンを使用する時や、机に向かう時の姿勢など長時間に及ぶ不良姿勢が原因となることが多いです。
重い頭部を首や肩で支えることで筋肉がいつも緊張しており、その結果、血行・代謝不良を起こし、疲労物質の蓄積、発痛物質の出現により凝りや痛みが症状として現われます。

首・肩こりの根本改善へ

カイロプラクティックでは問題となっている筋肉、関節はどこかを調べ、施術をしていくことで、良い姿勢が取りやすくなる身体作りをしていきます。
マッサージなどで筋肉を揉みほぐせば楽になりますが、また元に戻ってしまいます。
なぜ凝るのかを考え、良い状態を維持し症状を再発させないかが大切です。
慢性的な首・肩こりの症状でお悩みの方、マッサージでは対処しきれなくなってきた方などに、しっかり施術・アドバイスを行なってまいります。

腰が痛い原因

こんな症状にお悩みの方に

  • 腰の動きが鈍く重たい感じがする
  • 腰が立ち上がる時に痛く歩けば治る
  • お尻から大腿、ふくらはぎ、足首にかけて痛い、しびれる
  • 何もしていないのに腰が突然痛くなったり治ったりを繰り返している
  • 専門病院で筋膜症、椎間板ヘルニア、脊椎分離・すべり症、脊椎管狭窄症、坐骨神経痛、梨状筋症候群等の診断をされた

腰が痛い原因

デスクワーク・家事・育児・個人のクセ(足を組む・肘をついて横になる・うつ伏せで寝る)など・・
不良姿勢をとり続けることによって腰への負担は増大していきます。
内服または外用薬、電気治療などで痛みを緩和しても、不良姿勢や筋肉がアンバランスのままでは根本的な改善にはなりません。
<腰の痛みやシビレ(ヘルニア・坐骨神経痛など)は、頚椎のアンバランスが原因で骨盤・腰椎・神経圧迫などの過程を経ておこります。

腰痛の根本改善へ

触診・検査によって不良姿勢の原因である頚椎・骨盤のズレを最適な状態へと調整していきます。
重心バランスを安定させることで、痛みの失くすだけでなく再発させない健康な身体バランスへと導くことができます。
筋骨格系の機能障害が原因でなかなか良くならないのであれば、カイロプラクティックケアでシビレ・痛みを解放することができるのです。

ヒザが痛い原因

こんな症状にお悩みの方に

  • ヒザが痛く正座ができない
  • 椅子から立ち上がるときヒザが痛い
  • 階段の上り下りをするとヒザが痛い
  • ヒザに水が溜まる
  • 医療機関で変形性膝関節症と診断された

ヒザが痛い原因

半月板や靭帯の損傷がなく、変形性膝関節症が進行しているわけでもなく、少し軟骨が減ってるかなと医師に言われるような膝痛。直立っている時は痛みはなく歩いている時や、特に階段等を降りるときに痛む。膝関節内側が痛む場合が多い。この場合は膝関節自体の問題ではなく、関節を支える筋の筋膜の問題です。

ヒザ痛の根本改善へ

問診の後、半月板、靭帯、膝関節の検査を行います。その後膝関節を支える筋肉の緊張を和らげるための手技を行います。
筋肉の緊張状態が改善されないために痛みがでるわけですが、なぜ自然に筋緊張がおさまらないのでしょうか?本来、休息すればなくなるはずの筋緊張がとれないのは、腰椎からでて、膝周囲の筋肉を支配している神経の治癒力が低下しているためです。なので根本の原因となる腰椎の検査、矯正も行います。

ストレートネックの原因

こんな症状にお悩みの方に

  • 首の動きが悪い
  • 肩こりしやすい
  • 目が疲れやすく、目の奥が痛んで頭痛がする
  • やる気が出ない
  • スマホが手放せず、1日2時間以上は使っている

ストレートネックの原因

ストレートネックは、名前の由来どおり、頚椎を守る首の骨が
「まっすぐな状態」になってしまう障害で、肩こりや、手の痺れ、頭痛など様々な症状を併発する軽視出来ない障害です。

正常な首の形は、頚椎前弯(けいついぜんわん)といってなだらかに前にアーチを描いています。そのアーチが失われてくると首がまっすぐになりストレートネックの状態になります。 慢性的 にうつむき姿勢でいることにより、首の生理的なカーブが失われます。
長時間のパソコン作業やスマホ操作はもっとも代表的な原因です。最近ではスマートフォンの使い過ぎによるストレートネックが増えてきています。
また、女性は男性に比べ首の筋肉量が少ないので、女性の方のストレートネックが増えています。

ストレートネックの改善へ

過緊張を起こしている首・肩・背中へマッサージなどで筋肉の緩和をしても、対処療法にしかならず、原因となっている頚椎の調整をしなければ根本的な改善はできません。
根本的な原因を改善をし再発しない体を作っていくことが重要です。

五十肩の原因

こんな症状にお悩みの方に

  • 腕が上がらない
  • 服を着替える時に肩や腕に痛みがある
  • 寝返りを打つ時に肩や腕に痛みがある
  • 夜間痛がある

五十肩の原因

四十肩ともいい、腕が上がらなくなり上げようとすると肩や腕に痛みがでます。進行すると夜間痛が生じて痛みで目が覚めるようになります。従来は腱板損傷、石灰沈着性腱板炎なども含めて五十肩と呼んでいましたが、近年では腱板損傷、石灰沈着性腱板炎は含めず原因のはっきりしないものを五十肩と呼んでいます。
整形外科ではMRIやレントゲンなどの画像で腱板損傷や石灰沈着性腱板炎を診断できますが、五十肩の場合は画像上にとくに病変が見当たらないために原因がはっきりしません。

五十肩の改善へ

肩甲骨周囲のローテータカフと言われる筋肉の緊張を和らげます。筋肉の緊張の度合いにより痛みの強さは違いますが、なるべく痛気持ち良い程度の強さで施術をおこないます。その後は肩甲骨の可動制限の原因となっている胸椎の矯正を行います。肩関節の検査もして必用であれば肩関節の矯正も行います。無理に腕を上げるようなことは致しません。
腱板の損傷、石灰の沈着のある方でも、ローテータカフの緊張、胸椎のサブラクセーションが起こっていることは多いです。その場合も通常の五十肩と同じような施術を行います。